マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

二世帯住宅の悲劇 老親が「元々俺たちの家だ!」で家族間ギスギス

2021年5月11日 16:00

メリットがあると思って選択した二世帯住宅だったが…(イメージ)
メリットがあると思って選択した二世帯住宅だったが…(イメージ)

 高齢になったところで、それまで住んでいた広い住まいから、交通至便なマンションやアパートへの“ダウンサイジング”を検討する人も多いだろう。しかし、物件探しが難航するケースもままある。そうなれば、「子供と同居」という選択肢が出てくる。

 政府は「三世代同居」を推奨し、同居対応改修工事を行なった場合、工事費の一定額をその年分の所得税額から控除できる特例を設けている。

 厚労省の国民生活基礎調査の概況(2019年)によれば、全国の「三世代世帯」は148万8000世帯で、全体の13.3%。この数字をもっと高めて家族で支え合うことで様々な負担が軽減されるというロジックだ。

 実家を売却したお金で二世帯住宅を建て、子供のいる息子や娘夫婦と同居すれば親も子も安心、に思える。しかし、ここには落とし穴がある。15年ほど前に親と同居を始めた兵庫県在住の50代男性が話す。

「実家を二世帯住宅に建て替えた時、子供はまだ幼稚園。両親も70前後で元気だったので、“子供の面倒を見てもらえるし、家事も分担してもらえるから楽だ”と思っていました。でも、思い通りにいったのは最初だけ。母は10年前に転倒で骨折してから足が不自由に。父は家でゴロゴロするだけで、『もともと俺たちの家だ』と言わんばかりにふんぞり返っている。おかげで妻はいつも不機嫌だし、子供たちも祖父母を敬遠し、我が家はギスギスした空気が流れています。二世帯住宅にしたことを心底後悔しています」

 介護アドバイザーの横井孝治氏が言う。

「二世帯住宅を手に入れて、“キレイな家になった”と喜べるのは最初の数か月だけというケースは珍しくありません。折り合いがつかなくなり、『出て行きます』『老人ホームに入ります』と言いたくても、二世帯住宅を建てた時に多くの財産を投じていたら次の動きが取れない。親子で憎み合ったまま一緒に暮らすことになる。不自由な状況に陥らないよう、事前によく話し合い、価値観をすりあわせておかないと、大失敗につながります」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。