キャリア

もうモンペにはこりごり!保育園の保護者に配られた「怒りの緊急プリント」

「Nちゃんのママは保護者委員をしているので、委員会のことを聞くと、苦笑いしながら『すごく……疲れました』という答えが返ってきました。あるママが、『連絡帳の書き込みが少なすぎる。もっと子供をよく見て、細かく伝えて欲しい』『英語の授業が物足りない。カリキュラムをもっと充実させて欲しい』『体操の時間にでんぐり返しや側転をさせるのは危ない。先生ひとりでは足りない』『リトミックやモンテッソーリ教育を取り入れて欲しい』など、要望を言いまくったというのです。

 私はすぐに、どのママのことか分かりました。ある時、子供がケガをして救急車を呼ぶ騒ぎがあった時、無関係のXさんというママがヒステリックに騒ぎ、その件がきっかけで一時期“外遊び”がなくなったのです」

 Xさんの要望にはもっともな面もあるように感じられるが、連絡帳は先生1人で10人以上書く必要があり、毎日200字も300字も書くのは大変な手間だ。英語の授業といっても相手は幼児。「ハロー」「サンキュー」「グッバイ」程度の内容に、カリキュラムの充実がどこまで必要なのか疑問もある。でんぐり返しや側転は確かにケガの可能性があるが、それを言ったら体操の時間など成立しないだろう。リトミックやモンテッソーリ教育を希望するなら、最初からそういう保育園を選ぶべきだ。

そして唐突に平穏が訪れる

 それでも、園長先生は1つ1つの要望に丁寧に対応したため、それまで30分程度で終わっていた委員会が2時間以上かかっていたという。園長先生が辞めたのは、その直後だった。Xさんは、先生がどんどん辞めることにも猛烈な勢いでクレームを付けた。すると、新しい園長先生がやって来たタイミングで、保育園グループ本部からの“緊急プリント”が配られた。

「プリントは、園長が突然変わったことを詫びた上で、保護者(≒Xさん)から寄せられたという要望が列挙してあり、その1つ1つについて“実現することがいかに難しいか”が切々と綴られていました。そして、K先生や園長先生の突然の退職についても触れられており、『過剰な要求で残業が増えて疲弊した』『我々は貴重な人材を失った』と書かれていたのです」

 要するに「あまりに文句を言う人がいるから、良い先生が辞めちゃった」ということだ。この件についてXさんがどう思ったのかは本人のみぞ知るところだが、唐突に平穏が訪れる。Xさんに2人目の赤ちゃんが出来て仕事を辞めたようで、保育園を去っていったのだ(※保育園は両親共働きが前提)。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。