マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「値上げはこれからが本番」輸入品より国産品、パンより米で家計を守る

2022年5月12日 16:00 女性セブン

5月から値上がりする主な商品
5月から値上がりする主な商品

朝食をパン→米で年間約7万円の節約

 原油高や円安の影響で、輸入品の値段は上がる一方だ。今後、戦争の影響で物流が止まったり、円安傾向が続いた場合、さらに高値となることは容易に想像できる。それを見越して、国産品や地元でとれたものを中心に選べば、輸送費がかからない分、安い価格で購入できて安心だ。

「ご飯は茶碗1杯で20円ほど。卵かけご飯にすると+20円。おみそ汁をつけて+10円。シンプルな朝食なら、1食50円ほどで収まります。パンの場合は、6枚切りで1袋150円のパンを2枚食べると、それだけで50円。そこにバターやジャムを塗り、牛乳やヨーグルト、フルーツまで添えればあっという間に100円を超えてしまいます。1食50円の差が、家族4人で200円、1か月なら6000円、1年なら7万2000円になる。この差は大きい。朝食はご飯にした方が断然節約になります」

 円安の影響でいままで安価だった輸入肉や加工食品も上がり、家計を圧迫するように。荻原さんのように、わが家の食費はいくらかかっているのか、今回の物価高騰を機に改めて見直すために、家計簿をつけるなどして、収入と支出の差を把握しておこう。

 荻原さんは、数年前に子供が独立して夫婦ふたりの生活になった際に、車を大きな外車から国産の軽自動車に乗り換えた。そのときのダウンサイジングがこのガソリン高騰下で功を奏した。

「燃費が格段に上がり、自動車税は約4分の1になりました。新車登録から13年経過すると、軽自動車は20%、ガソリン・LPGの普通車は15%自動車税が加算されます。買い替え時にお金はかかりますが、その前に買い替えた方が、結果的にお得です」

 月に2回、各6時間程度しか車を使わないなら、カーシェアリングにすると月に約1万円(初期費用・基本料は別)の負担で済むので、移行も検討してよいだろう。

 荻原さんが夫婦ふたりになった際、もう1つ変えたのが、電気の契約アンペア(A)。火力発電に頼る日本は、原油と天然ガスの高騰により、電気料金の値上げが止まる気配がない。基本契約を60Aから40Aへの変更で、基本料金は572円の削減になり、年間6864円の節約になる(東京電力の場合)。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。