マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

全国で1万4000店以上 消費税「実質3%」で買える店の探し方

2019年10月6日 11:00

 ポイント還元の対象店の目印は「ポスター」だ。

「『5%還元』と記された赤いポスターを店頭に掲示しています。また経産省のホームページもしくは専用のアプリでも近隣の対象店を検索できます。どのキャッシュレス決済に対応しているかも確認できる」(森田氏)

 当然、地元の商店街を歩き、直接確認して回るという方法もある。これなら今後、対象店になる予定があるかも確認できる。

意外とチェーン店でも

 商人の町・大阪で全長2.6kmと日本一の長さを誇る天神橋商店街を歩いてみた。だが、なかなか「赤いポスター」が見つからない。昔ながらの食料品店店主は、こう話す。

「うちは(スマホ決済の)ペイペイを始めましたよ。ただ、お客さんは現金主義のお年寄りが多い。どこまで広がるかはわからんな」

 地元がこうした反応だったとしてもチャンスはある。有名チェーンでも、企業規模などにより「5%還元」の対象になるケースがある。チェーン酒屋の「なんでも酒やカクヤス」が一例だ。

「酒類は軽減税率の対象外なので実質5%ですが、その他の飲料品やお菓子などは“消費税3%”で購入できる。チェーン店のためキャッシュレス決済への対応もしっかりしている」(森田氏)

 見落としがちなのは、“外食店でも3%で購入できる”ケースがあること。店内で食べると軽減税率の対象にならないが、持ち帰りに限り8%で購入できる。中小の外食チェーンも5%ポイント還元対象店のため、実質の消費税負担は3%となる。西日本を中心に33店舗を展開する回転寿司「マリンポリス」の広報が語る。

「当店はお持ち帰りの消費税は実質3%となります。ただし(持ち帰り用に注文した寿司を)店員がパックに詰めた場合に限ります」

 喫茶店では、関東、関西を中心に展開する「カフェ・ベローチェ」が対象事業者だ。キャッシュレス決済導入店では、テイクアウト品は実質税率3%になる。

 身近な「3%で買える店」を探して、街歩きをするのも楽しいかもしれない。

※週刊ポスト2019年10月11日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。