マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

周りにも価値観押し付け… 辟易とする「行き過ぎたミニマリスト」たち

2019年10月11日 16:00 マネーポストWEB

「モノを自分にとって必要なものだけにとどめる行為は、合理的でいいことだと思います。そこは否定しません。でも、それで他人に不便を強いたり、価値観を押し付けるのは何か違う気がします。人間的には、僕はズボラだったころの彼女の方が好きでした」

 ミニマリストになることで人が変わってしまうというケースは、しばしば起こり得るようだ。30代女性会社員・Bさんの友人も同様だ。

「大学時代の友人が近所に住んでいることがわかって、家にお邪魔したら、びっくりしました。殺風景な部屋で家電や家具がなく、まるで引っ越ししたばかりの部屋。友人は『持たない生活が快適』だと話していて、大学時代のモノにあふれていた彼女の部屋を知っていた私は、人って変わるものだな、と感心したものです」

 Bさんによると、その友人宅には洗濯機も冷蔵庫もない。洗濯はコインランドリーで済ませ、クーラーボックスで必要な食べ物しか保存しない。掃除は掃除機ではなくほうきとチリトリ。服はユニクロかGUで、化粧もほとんどしていない。財布は名刺入れで代用するコンパクトさだ。

「もともと“シンプルな暮らし”に憧れていたらしく、たどり着いたのがミニマリストだったようです。最近は『スマホの通知も嫌』ということで、すべての通知をオフ。そのため連絡が取りづらいようで、他の共通の友人たちからは、『伝えておいて』といったように、近所にいる私への連絡が増えました(笑)」(Bさん)

 ミニマリストになるつもりはなかったが、いつの間にか似た存在になっていた人もいる。30代のフリーライター・Cさん(男性)だ。物欲がなく部屋も殺風景で、ユニクロで購入した同じ色のシャツをいつも着用しているため、“ミニマリスト”ということにしていたという。

「仕事をするのは家かカフェ、ときにはビジネスホテルということもありました。色々と面倒だったので、冷蔵庫も洗濯機も買わずにそのまま。都内ならどうにでもなります。風呂はジムのシャワー、夏場以外は服や下着を何日も取り替えないこともありました。仕事が忙しくて、人間関係も取引先以外はほとんどなく、友人との連絡もほぼなくなりました。ある意味それもミニマリストです(笑)。確かにラクですけど、人生に色がないというか、味気ないものです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。