マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

チケット不正転売禁止法の施行から半年、転売事情はどう変わった?

2019年12月31日 15:00 マネーポストWEB

 売買サイトでやり取りされるチケットの中には、電子チケットや入場時のIDチェックが必要なものもある。

「出品者が購入者にファンクラブの会員番号とパスワードを教えて、電子チケットを発行して入場するパターンもあります。あと、ファンクラブで複数枚数のチケットが当選している場合などは、その同行者として入場する権利を売買することもあります。そういう場合は、出品者と落札者がいっしょに入場することになります」(大塚氏)

 Aさんによると、売買されるチケットの数は減っているようだが、まだまだ“禁止された”という実感はないという。

「ヤフオクやチケキャンで買っていたものを、別のサービスで買うようになっただけ、という感覚です。ただ、主催者側がIDチェックを厳しくするなどして、かなり対策をしているので、チケットが出回るのは一部の公演のみだし、今後はどんどん減っていくと思います」

 一方、コンサート会場の近くで、チケットの売買を行う「ダフ屋」はいま、どうなっているのだろうか。コンサート事情に詳しい音楽関係者はこう話す。

「かつてに比べれば、かなり減ってはいますが、今でも公演によってはダフ屋がいますね。特に、アリーナクラスのコンサートで、なおかつ“紙チケット”の公演であれば、会場近くで見かけることも少なくないです。ただ、実際にダフ屋とやり取りをする人は減っているみたいですけどね」

「チケット不正転売禁止法」が施行されたからといって、いきなりチケットの転売がなくなるわけではないが、徐々に減ってきてはいるようだ。

「現状では、どこまでが“不正転売”となるのかの判断が難しい状況。売買仲介サイトについても、基本的には“何らかの事情で行けなくなった公演のチケットを譲りたい”という人が出品するという形なので、営利目的の転売とは言い切れない。

 ただ、定価を大幅に上回る値段で取引されているものも多く、それをどう捉えるかは判断が難しいところでしょう。今後、このあたりを厳格に取り締まっていくならば、売買仲介サイトは閉鎖せざるを得なくなる可能性も高そうです」(大塚氏)

 劇的に状況が変わったわけではないが、少しずつ変わりつつあるチケット転売事情。東京オリンピック開催までにどうなっていくのか注目したい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。