マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

外出自粛で注目の「再生野菜」栽培 食費節約と充実感で一石二鳥

2020年5月1日 15:00

 再生野菜のなかでも特に簡単だと言われているのが豆苗だ。スーパーで売っている豆苗の根の部分をそのまま水につけるだけで、育てることができる。

「最初の数日は室内に置いていたんですが、なかなか育たなかったので、今はベランダで育てています。10日くらいで初めて収穫した時は、嬉しかったですね。これからも工夫をしながら、いろいろな野菜を育てていこうと思っています」(Kさん)

再生栽培で毎日が充実

Mさんが育てているパクチーと青梗菜
Mさんが育てているパクチーと青梗菜

 神奈川県に住むMさん(30代・男性)も、外出自粛期間に入ってから、再生野菜を育てるようになった。

「僕は一人暮らしですが、前々から自分でちょっとしたつまみなんかを作っていて、豆苗の豚肉巻きが好物。だから豆苗は以前からよく買っていたんですが、外出自粛でスーパーにもできるだけ行かないほうがいいのかなと思って、豆苗の再生栽培を始めたんです。そうしたら、意外と簡単に再生してくれることを知って、そこからハマっています」(Mさん)

 再生野菜だけでなく、苗を買ってきて簡単なガーデニングも始めたという。

「豆苗の水耕栽培のほかに、青梗菜を土栽培で育てています。あと、再生野菜ではないんですが、パクチーの苗を買ってきて、それも土に植えて育てています。毎日水をやったり、水を替えたりするのも楽しい。家にずっといるのはちょっと窮屈だなあと思っていたんですが、野菜を育てるようになって、かなり充実してきました。このまま、本格的なガーデニングに発展させたいです」(Mさん)

 食費の節約につながるのはもちろん、日々の充実感も得られる再生野菜の栽培。外出自粛期間を楽しむ趣味として、今後注目されていくかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。