マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナ禍で40~50代の終活が増加、寺がLINEやZoomで相談受付も

2020年6月8日 15:00

築地本願寺では勤行がインターネットのライブ配信で見られる
築地本願寺では勤行がインターネットのライブ配信で見られる

「しんどい時こそ宗教者に頼って」

 その動画を見るため、築地本願寺のホームページにアクセスすると、本堂内の様子のライブ画像も配信されていた。6時から16時すぎの開門時間中、堂内にカメラが据えられ、パソコンからお参りができるのだ。7時~、16時~の勤行の時間には、僧侶が読経する声も姿も映し出される。1日のアクセス数は約350回だそうだ。

 オンラインでの相談に力を入れる寺院も出てきた。浄土宗の應典院(大阪市天王寺区)。かねてから終活や仏事に関する「おてら終活・宗活よろず相談」の窓口を設けていたが、4月27日に電話のほか、LINE、Zoomでも受付を開始した。相談員の終活カウンセラー、斎藤佳津子さんは、

「こんな時期ですから、日常のお困りごとの相談が多いのかと思いきや、ほとんどがお墓についての相談です。それも、以前は50代以降のかたから親のお墓の相談が多かったのに、10才若返りました。40代のかたが自分のお墓について相談されます」

 應典院の本寺・大蓮寺も、納骨堂(1人専用35万円~)を擁す。前出の青山霊廟で聞いた「コロナ禍で、死が“自分事”になった」との指摘と符合する。

「気持ちが落ち込む時、しんどい時こそ、宗教者に頼ってください」と、超宗派の僧侶らで組織する一般社団法人「恩送り」代表理事の新田崇信さんは話す。恩送りでは、昨年、「供養の窓口」と銘打つ「法要館」(千葉県松戸市)を設け、遺骨預かり(1か月2000円)を始めた。単なる預かりではなく、毎日、線香、花、読経を欠かさない。

 すでに約100人の骨壺を預かっているが、コロナ禍で問い合わせが増加したという。さらに、恩送りメンバーの僧侶によるお墓参り代行(1万円)を松戸市と都内一円でまもなくスタートする。墓前に花を手向け、読経し、その様子をスマホのビデオで依頼者にリアルタイムで送る試みだ。

 長期的な新型コロナウイルスとの共生が始まった今、お墓、お寺との関わりも変容の時代を迎えている。

※女性セブン2020年6月11日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。