マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

コロナ禍で株と金にマネーが集まるワケ 銀行預金のリスクとは?

2020年8月18日 7:00

 より堅実な選択肢として、投資信託を中心にコツコツと積み立て始める人も増えている。

 金融庁によれば、今年3月末時点での「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」の利用者は219万6808口座となり、昨年末よりも16.2%伸びた。都内在住の50代会社員男性も、つみたてNISAを使って投資信託への毎月定額積み立て投資を始めたという。

「預金だけでは資産は増えないどころか、リスクもあるので、国際分散投資として世界中に投資できるバランス型ファンド(国内外の株・債券などに投資)で積み立てをしています。コロナ禍でさまざまな不安が高まっていますが、積立型なら相場の影響も受けにくく長期の資産形成ができる。税制上の優遇も大きいので、今後も続けていきたい」

※週刊ポスト2020年8月28日

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。