マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

短大卒の一般職女性社員が超有名企業で“欠かせない存在”になった経緯

2021年10月14日 15:00 マネーポストWEB

お偉方はみんな知り合い、肩書きも同期より上

 50代や60代のおじさん連中の輪に若い女性がひとり入れば、チヤホヤされる図は目に浮かぶ。そうして可愛がられているうちに、ヒロミさんの社内人脈はどんどん広がっていく。

「Mさんはその後、グループの社長にまで上り詰め、社内でも完全に“雲の上の人”になりました。けれども私は下の名前で呼べる関係ですし、Mさんの周りを固める上層部も知り合いだらけ。同期や上司がガチガチに緊張して話すような人も、私は『どうも久しぶりです~~』といった感じなので、どこの部署に行っても“偉い人と仲が良い人”として一目置かれています」

 ヒロミさんにしてみれば「ただ単に昔から知っているだけ」だが、周りはそうは受け止めない。同期や後輩はもちろん、上司から「○○さんに話を繋いでもらえないか」などと頼まれることもあるのだとか。さらに追い風は吹き続ける。

「最近になって、女性の管理職が少ないことが社の内外で問題視されるようになり、入社年次が古いというだけで、管理職に出世してしまいました。周りには東大や京大卒の同期がゴロゴロいるのに、短大卒の私が肩書きでは彼らより上なのは申し訳ないのですが……」

“肩書きだけ高いが、たいした仕事はしていない”と謙遜するヒロミさんだが、上層部の覚えは極めてめでたい。ヒロミさんのことをよく知る同僚の男性はいう。

「彼女に任せれば、接待や飲み会のセッティング、冠婚葬祭や贈り物などの手配はバッチリですし、ゴルフやカラオケでの立ち回り方も完璧です。一方で、偉い人が若い頃にやらかした失敗談を知っていますし、社内政治にも詳しいので、彼女の機嫌を損ねるなんてとんでもないこと。若い女性社員とも一緒にランチに行ったりして、そのハートもがっちり掴んでいるので、もはや仕事が出来る・出来ない云々の存在ではありません」(同僚の男性)

 かくして社内で“女帝”のような立場になってしまったヒロミさん。時代の追い風もあったとはいえ、社内人脈という大きな財産を築き上げたコミュニケーション能力こそが、彼女最大の才能だったのかもしれない。ちなみに彼女の中ではいまだにバブル期は続いているようで、海外旅行や美食三昧により、実家暮らしなのに「貯金が100万円を超えたことはない」そうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。