マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

確認しておきたい老親のお金事情 機嫌を損なわず聞き出す方法

2019年8月9日 7:00

 また、帰省中に「自宅の不動産登記」などを取得しておくのも手だ。

「不動産の所在や名義人を確認しておくことは何より重要です。もし名義が親ではなくすでに亡くなっている祖父名義だったり、共有名義だった場合には相続の手続きが煩雑になってしまう」(同前)

 相続トラブルを避けるため、親が遺言書を準備している場合もある。遺言書は「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があるが、自筆証書遺言には注意が必要だ。

「公正証書遺言は公証役場で保管されるが、自筆証書遺言は家で保管されている場合が多い。保管した場所が家族に伝わらず、せっかく作成しても見つけてもらえないケースが少なくないのです。そのため親が元気なうちに遺言の有無とその種類、保管場所は共有しておいたほうがいいでしょう。

 また、来年からは自筆証書遺言を法務局で保管できる新制度も施行される。それを利用するよう促してもいい」(同前)

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。