マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

誕生から半世紀 再び若者が戻る「憧れの街」多摩ニュータウンの現在

2021年3月27日 13:00 週刊ポスト

「子育ては多摩ニュータウンで」“故郷”に戻った瀧口寿彦さん(47)

2021年3月 19歳まで過ごした実家の3LDKをフルリフォーム。「子供のころつけた柱の傷などはあえて残しています」(瀧口さん)
2021年3月 19歳まで過ごした実家の3LDKをフルリフォーム。「子供のころつけた柱の傷などはあえて残しています」(瀧口さん)

 10年ほど前に都内から多摩ニュータウンに引っ越してきましたが、実は小学校3年から19歳まで住んでいました。両親は今もこの街で暮らしています。

 私は第2次ベビーブームの世代で、当時は同世代の子どもたちで溢れていました。皆、いろいろなところから移り住んできた、似たような境遇でしたから、すぐ打ち解けることができました。広くて緑の多い公園がたくさんあるので、思い切り走り回れて本当に楽しい思い出ばかりです。夏は公園ごとに盆踊りが開かれ、屋台もたくさん出て盛り上がったものです。

 大学進学と同時に離れましたが、子育ては多摩ニュータウンでしたいと思い続けていました。結婚して子どもが生まれ、その夢が叶いました。現在は多摩市50周年記念事業の実行委員長をやっています。故郷のために働けるなんて、こんな幸せなことはありません。

1986年 「多摩センターの駅前にはイトーヨーカドーしかなくて、多摩丘陵の山肌が見えていました」(瀧口さん)
1986年 「多摩センターの駅前にはイトーヨーカドーしかなくて、多摩丘陵の山肌が見えていました」(瀧口さん)
2021年3月 永山商店街の福祉亭に集まった住民の皆さん。エレベーターの設置されていない団地も数多いが、「住み心地がよくて離れることができません」と笑いながら話す(右から4人目が瀧口さん、右端がNPO法人福祉亭理事長・寺田美恵子さん)
2021年3月 永山商店街の福祉亭に集まった住民の皆さん。エレベーターの設置されていない団地も数多いが、「住み心地がよくて離れることができません」と笑いながら話す(右から4人目が瀧口さん、右端がNPO法人福祉亭理事長・寺田美恵子さん)

撮影/佐藤敏和、内海裕之 写真/田中ちひろ、UR都市機構、南多摩新都市開発本部 取材・文/末並俊司、小野雅彦

※週刊ポスト2021年4月2日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。