相続・終活

相続・終活に関する記事一覧です。遺産の分割方法、相続税対策から、遺言の書き方、墓・葬式の準備方法まで幅広く紹介。体験談も豊富に掲載しています。

高齢者ならではの節約の方法は?
施設入居、葬式代…、80代以降で起きるお金にまつわるあれこれ
 人生の終盤を迎える80代、90代。それでもお金にまつわる出来事はいろいろある。どんなことが起きて、どう備えたらよいのか。●そろそろ運転は心配「運転免許返納」で路線バスの割引など、自治体ごとに様々な特典が…
2018.01.05 17:00
週刊ポスト
相続にはさまざまな節税対策がある
相続税の節税術 生前に親と同居なら評価額8割引き特例も
 2015年の大増税で基礎控除が大幅に削られ、「一般市民の税」となった相続税。80代にとってはまさに“喫緊の課題”となっている。子供の負担を軽くできる相続関係の特例制度も数多くあるのだ。ここではそれを紹介し…
2018.01.04 16:00
週刊ポスト
子や孫や節税対策の強い味方
相続・贈与の特例制度 結婚・子育て資金から教育資金まで
 自分が60代にさしかかる頃、子・孫世代は家計がひっ迫する時期だ。資産の世代間移転に熱心な政府は、相続・贈与に関して様々な特例制度を設けているので賢く利用したい。■結婚・子育て資金の一括贈与……非課税で孫…
2017.12.29 17:00
週刊ポスト
相続の際、どんなことに気をつければいいのか
生前贈与の落とし穴 死亡前の3年間分の贈与は課税対象
「お金持ちから財産を巻き上げる税」と呼ばれてきた相続税は、今や「中産階級からも資産を搾り取る税」に変わった。相続の際にどんなことに気をつければいいのか。 たとえば、被相続人が契約し、受取人が相続人だ…
2017.12.22 16:00
週刊ポスト
「小規模宅地等の特例」を活用したい
返還率7割 還付金請負人が教える過払い防止の相続税申告法
 今や富裕層だけではなく、一般家庭にも降りかかる相続税。税務署から通達された通りに払うしかないと思ってはいけない。なぜなら、相続税を支払った人の多くは“過払い”の可能性があるからだ。 そうした過払い金…
2017.12.13 07:00
週刊ポスト
損しないための「相続税明細書」の書き方
相続税の申告書 隠れた「得する制度」の筆頭は土地の項目
 かつて「お金持ちから財産を巻き上げる税」と呼ばれてきた相続税は、今や「中産階級からも資産を搾り取る税」に変わった。2015年の税制改正で相続税の課税対象が拡大され、多くの人にとっても「他人事ではない」…
2017.12.08 15:00
週刊ポスト
相続の申告書は誠実すぎるほどオープンに書くべき
相続申告で税務署員が血眼で調べるのは「預貯金」 誠実さが調査に影響
 あまねく相続税を取る──そんな税務署の決意が読み取れるデータがある。全国で「臨宅」と呼ばれる実地調査が行なわれた件数は、2016事務年度(*注)で1万2116件。そのうち8割以上で申告漏れなどが“摘発”され、加…
2017.12.06 15:00
週刊ポスト
“相続税マルサ”は忘れた頃に突然現われる
相続調査を避ける裏技「書面添付制度」 70%の確率で回避も
 国税局の“相続税マルサ”は忘れた頃に突然現われる。それは「○×税務署です。相続税の件でお宅にうかがいます」という1本の電話から始まる。「臨宅(りんたく)」と呼ばれる実地調査の通告で、故人が亡くなって2年…
2017.12.04 15:00
週刊ポスト
退職金も賢く受け取りたい
遺族にとって不便な銀行口座の即凍結 その理由とは
 父が亡くなった途端に、父名義の銀行口座が凍結された――よく聞く話だが、これは事実。銀行には知らせたつもりがなくても凍結されていたというケースは珍しくない。金融機関側が口座名義人の死亡を知ったのは、行…
2017.12.03 16:00
週刊ポスト
税務署に対抗するには、自己防衛しかない(写真:時事通信フォト)
生前贈与 自分で通帳管理したら税逃れの違法行為と判断も
 国税局の“相続税マルサ”による「臨宅(りんたく)」と呼ばれる実地調査の通告は、故人が亡くなって2年ほど経ち、遺産相続の手続きがとっくに終わってから行なわれることが多い。 ひとたび臨宅調査が入れば、過去…
2017.12.03 07:00
週刊ポスト
「小規模宅地等の特例」を活用したい
税務署 相続税小規模住宅特例めぐり嫁姑の仲まで調査
 相続税が富裕層だけでなく一般家庭もターゲットにしてから約3年。かつて相続税を取られるのはそれこそ“億”近い財産を持つ資産家だけだったが、法改正後は例えば法定相続人が妻と子供2人の合計3人の場合なら、4800…
2017.12.02 16:00
週刊ポスト
「相続人」とはどこまでを指す?
隠し子は? “遺産相続人”とはどこまでを指すのか
 税務署は相続税の税収アップに躍起になっている。そうした中で、調査官がやって来ても動じない準備、損をしないポイントは何か。多くの人が知りたい「相続税の本当のホント」を調査した。 遺産相続人が多い場合…
2017.12.02 11:00
週刊ポスト
主婦が稼げるパートとは?(イメージ)
払いすぎた相続税を取り戻すことはできるか?
 相続税を「過払い」していたというケースはことのほか多い。どのようにして起こるのか。 まず、控除されるものを申告していなかったというケースが考えられる。代表的な例は葬儀費用。被相続人のお通夜や告別式…
2017.12.01 16:00
週刊ポスト
企業だけでなく一般家庭にも国税はやってくる(写真:共同通信社)
国税局の相続税「臨宅調査」 雑談風質問に潜む狙いとは?
 国税局の“相続税マルサ”は忘れた頃に突然現われる。それは「○×税務署です。相続税の件でお宅にうかがいます」という1本の電話から始まる。「臨宅(りんたく)」と呼ばれる実地調査の通告で、故人が亡くなって2年…
2017.12.01 07:00
週刊ポスト
運命の人はいったいどこにいるのか……
40代独身男性 資産家の父から告げられた「資産は遺せない」の意味
 1990年代まで数%程度だった生涯未婚率は、2000年代に入って急上昇。国立社会保障・人口問題研究所が今年4月に発表したデータによれば、50歳まで1度も結婚したことがない人は、男性で4人に1人、女性で7人に1人に…
2017.11.30 17:00
マネーポストWEB
「小規模宅地等の特例」を活用したい
相続税徴収 膨大な財産情報持つKSKシステムとは
「○×税務署です。相続税の件でお宅にうかがいます」──国税局の“相続税マルサ”は忘れた頃に突然現われる。それはこの1本の電話から始まる。「臨宅(りんたく)」と呼ばれる実地調査の通告で、故人が亡くなって2年ほ…
2017.11.30 16:00
週刊ポスト
遺言状の「財産目録」はワープロやパソコンで作成することが認められた
遺産の“相続・遺贈・死因贈与契約”のメリット、デメリット
 相続税の税収アップに余念がない税務署に対抗するには、自己防衛しかない。調査官がやって来ても動じない準備、損をしないポイントは何か――。多くの人が知りたい「相続税の本当のホント」を調査した。 故人の財…
2017.11.30 16:00
週刊ポスト
税務署に対抗するには、自己防衛しかない(写真:時事通信フォト)
故人の隠し財産、隠れ借金…国税庁はどこまで知っている?
 税収アップに躍起になる税務署に対抗するには、自己防衛しかない。調査官がやって来ても動じない準備、損をしないポイントは何か。多くの人が知りたい「相続税の本当のホント」を調査した。 株や不動産取引から…
2017.11.28 17:00
週刊ポスト
税務署に対抗するには、自己防衛しかない(写真:時事通信フォト)
「相続税マルサ」はある日突然あなたの家にやってくる
 相続税が富裕層だけではなく、一般家庭もターゲットにしてから約3年。税務調査官たちの“訪問”を受ける人が続々と現われ始めた。しかも一度訪問されると、申告漏れなどの「非違(ひい)」を見つけられる確率は8割…
2017.11.27 07:00
週刊ポスト
手続きしないと受け取れない年金もある
相続税対策としての遺贈 遺産総額6000万円で約90万円節税も
 遺言によって人や法人に遺産を贈与する「遺贈」。すでに欧米では社会貢献の一環として一般的に行われているが、近年、日本でもその数が増え始めている。2015年の税制改正で相続税を払わなければならなくなった人…
2017.11.13 18:00
女性セブン

注目TOPIC

フィスコ経済ニュース