子育て の記事一覧

持ち込みの食事を食べさせるのはあり? なし?(イメージ)
「子供分の注文有無」巡り険悪化した仲良しママ友ランチ会の憂鬱
 幼い子供連れで外食する際に、「子供の分をどう注文するか」に悩む人は多い。大人と同じ1人前を食べきれない場合や、子供向けメニューがない場合、あるいは離乳食の段階などでは、店に持ち込んだ食事を食べさせる…
2021.02.13 19:00
マネーポストWEB
まずは実家に頼るのが最初の選択肢か(イラスト/ユキミ)
離婚後のシングルマザーの住まいの選択肢 それぞれのメリット・デメリット比較
 離婚後、女性が子供を抱えて1人で生きて行こうとすると、家賃や食費、子供の教育費など、お金はいくらあっても足りなくなることが予想される。まずは生活費の大部分を占める住居費を見直したいが、住まいはすでに…
2020.12.06 11:00
女性セブン
ひとり親の女性からは「ゆっくり眠りたい」という悩みの相談も多いという(イラスト/ユキミ)
シングルマザーの育児問題 全て1人で背負わない意識改革の大切さ
 苦労してやっと離婚が成立しても、離婚してからが本当の戦いの始まりだ。特に、シングルマザーにとっては、家事や育児をしながら働いてお金を稼がねばならない。あらゆることを必死にこなすうち、心を病んだり体…
2020.12.04 19:00
女性セブン
ベビーシッターを始めるために必要な手続きは?(イラスト/大野文彰)
子育て経験活かして「ベビーシッター事業」を開業したい 必要な資格と手続きは?
 政府では児童手当の削減(月5000円の『特例給付』の廃止)が議論されるなど、子育て環境は先行き不透明。家計が厳しいという理由で、子育てに専念できず働かなければならないという人もいるだろう。そんななか求…
2020.11.16 16:00
女性セブン
答えはどこにある?(イメージ。Getty Images)
離乳食論争のリアル 「手作り派vsベビーフード派」それぞれの主張
 育児にまつわる論争は事欠かない。近年ではネット上がその主戦場になることが多く、これまでも「ベビーカー論争」や「母乳育児論争」など、数々の戦いが繰り返されてきた。9月にはタレント・加藤紗里のインスタグ…
2020.10.18 16:00
マネーポストWEB
早生まれの子に対する接し方を考える(イメージ)
「早生まれは不利」研究が話題 「運動会で手をつないでゴール」は必要か
 1~3月生まれの「早生まれ」は、4~12月生まれの「遅生まれ」と比べて、学歴や収入、人間関係で不利になる──。東京大学大学院教授の山口慎太郎さんは7月、それを統計的に証明する新たな論文を発表。インターネッ…
2020.09.20 07:00
女性セブン
育児だって“外注”していい! 子供は子供に任す、習い事時間を活用…
育児だって“外注”していい! 子供は子供に任す、習い事時間を活用…
 昨今様々な家事代行サービスが存在するが、育児のアウトソーシングは家事以上に抵抗を感じる母親が多く、ついワンオペに陥りやすい。シッターに依頼する場合、虐待やわいせつ行為にも注意しないとならないからだ…
2020.09.06 11:00
女性セブン
自分では「普通」のつもりでも、他人からは羨ましがられることがある(イメージ)
実家の話をするママ友に嫉妬するワケは? 20代子育て主婦の悩み
 8月に入り、遅れていた夏休みが各地の幼稚園や学校で始まった。コロナ禍とはいえ、公園や児童館では、朝から子供たちの歓声が響いている。そんななか、児童館で会うママ友たちに複雑な感情を抱いているという20代…
2020.08.11 16:00
マネーポストWEB
子供の分の給付金をどう活用した?(イメージ)
子供にも渡すべき? 子育て世帯に聞いた「10万円給付金」の行方
 コロナ禍で多くの人が収入を減らす中、“干天の慈雨”となったのが、1人あたり10万円の特別定額給付金。当初は収入減少世帯に限って1世帯あたり30万円という案だったものの、その後1人10万円へと変更されたが、世帯…
2020.08.05 16:00
マネーポストWEB
児童手当に上乗せされる臨時特別給付金とは?
まもなく支給 子育て世帯支援の臨時特別給付金の条件と金額は
 新型コロナウイルスの感染拡大で、子育て世帯の負担増は深刻だ。学校や保育園、幼稚園が休園となったことで仕事に影響が出たり、休校中は安価な給食費で提供されていた給食がなくなったことも家計の負担となって…
2020.06.04 15:00
マネーポストWEB
0~15歳まで 子供の年齢で変わる「子育て世帯が活用したい制度」10
0~15歳まで 子供の年齢で変わる「子育て世帯が活用したい制度」10
 子育て世帯への支援は、住んでいる自治体や「子供の年齢」によって、使える制度が変わってくる。数年単位で給付の対象となるか、手当をいくらもらえるのか、といったことが違うので、子育て世代は“節目の年齢”を…
2020.05.07 16:00
週刊ポスト
子育て世帯への新型コロナの緊急支援策は?
子育て世帯向けのコロナ支援策 給付金1万円やシッター1時間150円他
 今回の新型コロナの緊急支援策は、実は子育て世帯に手厚い。一律10万円の特別定額給付金にしても、子供も含めた全国民が対象で、夫婦2人、子供2人の世帯なら40万円を受け取れる。当初議論されていた「1世帯30万円…
2020.05.03 07:00
週刊ポスト
さまざまな方法でポイントを集めることができる
家族のタイプ別 申請すれば「もらえるお金」「使える制度」33
 今年のゴールデンウィークは、過去に例のない「巣ごもり連休」となる。家族と過ごす時間が増える一方、この生活がいつまで続くのか不安は拭えない。だからこそ、この機会に家族と一緒に考えたいのが、「生活資金…
2020.04.28 07:00
週刊ポスト
子育て中に活用したい公的制度9種 児童手当、就学援助、出産祝い金他
子育て中に活用したい公的制度9種 児童手当、就学援助、出産祝い金他
 新型コロナによる一斉休校で、子育て中の親は働く時間・機会が制約され、家計に負担が生じているケースが少なくない。今回の緊急経済対策では子育て世帯への支援も打ち出され、児童手当が加算される方針だ。 こ…
2020.04.21 07:00
週刊ポスト
子供の大学入学は喜ばしいことだが…(イメージ)
娘が大学入学した40代男性の落胆 「親から受けた恩は子に返せ」の難しさ
 大学進学率が50%を超えた今、多くの親を悩ませているのが学費問題。学費や生活費をどこまで親が出すべきかは、各家庭の教育方針に委ねられるものだが、この春、娘を大学に入れた40代男性・Sさんは、自らの甲斐性…
2020.04.17 16:00
マネーポストWEB
臨時休校に合わせ、校内を開放して児童を預かる小学校も(写真:時事通信フォト)
一斉休校で子育て世代から悲鳴続々、子供は癇癪起こし家計は逼迫
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、突然の「休校要請」が出たことで、子育て世代から悲鳴が上がっている。 「学校だけでなく、楽しみにしている習字教室もお休み。お友達とも遊べず、小学3年生の娘の精神…
2020.03.09 07:00
女性セブン
子供の食事が毎日ジャンクフードだとかわいそう?(イメージ)
食事は毎日フライドポテト… 海外の子育て事情は手抜きなのか?
 予測を2年も上回るスピードで少子化が加速している。日本の出生数は2016年に100万人以下に。その後わずか3年間でついに90万人を下回って86万4000人となった。 少子化の背景には、出産や子育ての大変さにくわえ、…
2020.02.07 16:00
女性セブン
SNSでの同調圧力が出産のハードルに?(イメージ)
SNSが助長する“完璧なママ”幻想、女性を出産から遠ざける一因に
 日本における出生数はついに、統計史上初の90万人割れを記録した。厚労省が昨年12月末に公表した「令和元年(2019)人口動態統計の年間推計」によると、2019年の出生数は86万4000人。前年から5万4000人減少し、明…
2020.02.06 15:00
女性セブン
育休取得して育児しない男性も… 日本社会で女性の出産を阻む意識の壁
育休取得して育児しない男性も… 日本社会で女性の出産を阻む意識の壁
 予測を上回るスピードで、少子化が加速している。厚労省が昨年12月末に公表した「令和元年(2019)人口動態統計の年間推計」によると、2019年の出生数は86万4000人。前年から5万4000人減少し、明治32(1899年)の…
2020.02.05 07:00
女性セブン
育休・待機児童問題、制度は充実していても中身が伴わない現実
育休・待機児童問題、制度は充実していても中身が伴わない現実
 予測を大きく上回るスピードで、少子化が加速している。国は夫婦別姓や育休制度、待機児童問題などを検討し、あの手この手で婚姻数・出生数を増やそうとしているが、依然として効果は見込めていない。子供を産み…
2020.02.04 07:00
女性セブン

注目TOPIC

フィスコ経済ニュース