マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

増税時の不動産対策 土地や家の購入は増税後、リフォームは増税前が得

2019年8月3日 7:00 女性セブン

 住宅ローン控除を利用し、仮に新築住宅を4000万円で購入した場合、消費税は増税前は160万円なのに対し、増税後は200万円と40万円の増額となる。だが、控除額は、増税前より43.1万円多く還付されるので、実質負担額は増税前と比べても約7万円の差。7万円なら、増税後に物件価格が下がるのを待って購入した方が、費用をぐっと抑えられるだろう。逆に、家の「リフォーム」は増税前にすべきという。

「お金がかかるバリアフリーや水回りの一新は増税前に済ませておくことをすすめます。たとえば、水回りをすべてリフォームして500万円かかる場合、消費税率8%なら540万円であるのに対し、10%なら550万円と、10万円も差がつきます。

 引き渡し時期が10月以降になると、税率が10%になるため、9月までに引き渡しが完了できるかを事前に確認しましょう」(大石さん)

 増税前だからと散財し、本当に必要なもの、欲しいものが買えなくなるようでは本末転倒。周囲に踊らされることなく、自分に合ったお金の使い方でお得を手に入れたい。

※女性セブン2019年8月8日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。