住まい・不動産

地盤リスク、再開発… 東京「買っていい街、いけない街」

 では、どんなエリアがこれから狙い目なのか?

「私は浜松町に注目しています。浜松町は港区のなかでは魅力に乏しい街と言われていますが、汐留、竹芝エリアも含めた大規模再開発プロジェクトが進んでおり、駅前の世界貿易センタービルを建て替えていたり、東芝ビルディングがツインタワーに生まれ変わります。今は不人気でもやはり港区で山手線沿線ですから、資産価値はこれから高くなっていくでしょうね」(同)

 自宅を購入する際は、液状化や震災、水害リスクの大きい東側エリアは避け、大規模な再開発プロジェクトや、新駅の設置、鉄道の延伸など資産価値が高まるエリアを狙いたい。

【プロフィール】沖有人(おき・ゆうじん):スタイルアクト株式会社代表取締役。国土交通省「住宅エネルギー性能表示検討委員会」の委員なども務める。新刊『マンションは学区で選びなさい』のほか、『マンションは10年で買い替えなさい』など著書多数。分譲マンションの無料会員制情報サイト「住まいサーフィン」を運営。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。